小さくて大きなオモチャ箱

小さな視点・縮小過程が好きな人のブログ

ドンドン小さくなるハクさんで「Hand in Hand」


よく見るとリズミカルに小さくなっている動画。


以前、同じ曲目で大きくなるやつを投稿しましたが、
やっぱり私は縮小が好きだ!縮めたい!
……ということで、0.99倍ずつリズミカルに縮めておきました。

手の上に乗せたいのはもう前々から思っていたし、
この曲のリズムだとミリメートルまで縮むのも分かっていたので
そういう意味ではサクサクと進む……んなら良かったんだけどなぁ。


動画冒頭は以前のと同じステージ、同じアングルで始めてます。
裏表みたいな感じで、あえて対にして始めようかなって。
ただ、周りの設置物はがらりと変えてます。
縮むのに車やビルと比べたって仕方ないもんね。

今回はちょこちょこモーションも付けてます。
と言ってもポーズ付けて補間部分にちょこちょこ足した程度ですが。
じわじわと距離が近くなるミクさんは……何でだろう、
なんかいつの間にか近くなってたんだよなぁ……。
何故なのかはミクさんに聞いといてください。


01:15辺りからは比較対象としてコーヒーサーバーを置いてます。
が、まじまじ見たことない人も多そう。まぁいっか。

リンレン揃って出すの珍しいかも。
途中、レン君がすっと立ち上がることで
「実は立ち姿と比べるとこんな小さい」と分かるようになってます。
……まぁまぁ小さいな。

02:30辺りになって
「どうにか手のひらに乗せたいな……」と思いつつ
そこに向けての展開にめちゃくちゃ悩んだ。
なんやかんや悩んだおかげで画面もぐっと賑やかに。

ほんの少しではありますが、ハクさんの足元の鍵盤も
ダンスモーションに合わせて軽く動かしてあります。
ただ、この時点で体重が1~2gぽっちしかなくて、
軽すぎて鍵盤を押せるのかめちゃくちゃ怪しい。
でも微かに押せてるって良いよね。
そして途中から押せなくなってると更に良い。

次の場面転換をどこにしたとしても、
このままだと間延びシーンができちゃう予感がしたので
03:05で思い切ってミクさんがスマホを手放すことに。
渡すモーションは付けたけど、
実は受け取るモーションが無いのは秘密。


そのまま立ち上がってぐわっと近づくの、
たぶん素でやっちゃうと思うんですけど
小さくなってる側からしたら恐怖でしかないんですよ。
というわけでカメラは寄りに。
その後もハクさんと一緒にカメラも縮む感じにして、
「傍目には小さくてかわいいだろうけど
 本人の目線はこんなことになってるぞ」な感じにしてみました。
ハクさん目線だと何もかもがドンドン大きくなってるのよ。ふふふ。

で、満を持して手のひらへ。
このまま縮んでいくと指先でも足りるっぽかったので
ラストシーンはあんな感じになりました。
まばたきの時に片目が開きそうになるとこが地味な拘りポイント。


そういえば、動画では
ミク、リンレン、テト&GUMI、ゆかりさん、と登場していますが
実はこれやんわり年代順なんですよ。地味な拘りポイント。


5分で60fpsで、となると動画出力も長引くもので、
1回出力ボタンをぽちっとすると2時間くらいは持っていかれます。
出力後に曲の音量指定ミスに気付いてやり直しになったり、
描画順の設定ミスに気付いてやり直すことにしたり、
なんやかんや結構な回数 出力し直したけど私は元気です。

そういえば。
以前のは1.01倍を672回でしたが、今回は0.99倍を603回にしてます。
イントロ部分とかで変化してない分ちょっと控えめ。……控えめ?



おまけ……の前に、ちょっと裏話。

以前この曲目でやった際に、わざわざMMMプラグインを作りました。
詳しくないので何とも言えない所ではあるのですが、
MMMプラグインからプロパティキーフレームを打つ時、
大きさの値を渡すことができず、1とされてしまいます。

じゃあ無理じゃん。
と思いきや、プロパティキーフレームを直接操作すれば
大きさの値に好きな値を代入することができます。
ただしこの場合、"既に存在する"のが大前提。

つまるところ、
「指定フレーム後に指定倍になる
 プロパティキーフレームを打つプラグイン」よりも
「既に打ってあるプロパティキーフレームを
 特定の法則に従って大きさを変えるものにするプラグイン
……を作る方がちょこっとラクなことが分かったのです。

f:id:Tappi:20201128235528p:plain
なのでそういうモードを作りました。

これなら別の曲でもリズミカルに縮められるじゃーん!
って思って色々してたら2ヵ月くらい経ってた。こわいわあ。


【2020/12/06 追記】
せっかくなのでパノラマ動画verも投稿しておきました。
ハクさん+見てるあなたがドンドン小さくなります。こちらからどうぞ。
重すぎてパノラマ用の調整まったくできてませんが、"おまけ"ということで。



というわけで、以下おまけです。クリックで拡大表示できます。

f:id:Tappi:20201128235545j:plain
f:id:Tappi:20201128235616j:plain
▲ たったの0.99倍、されど0.99倍
 半分の背丈になるのはあっという間。

f:id:Tappi:20201128235703j:plain
▲ 抱きしめるとちょうど良さそうな辺りの背丈。

f:id:Tappi:20201128235713j:plain
f:id:Tappi:20201128235821j:plain
▲ 普通に出力するとこんな風にスマホ画面にも数値表示が出るので
 実は数値表示なしverとありverで2回動画出力してます。

f:id:Tappi:20201128235920j:plain
f:id:Tappi:20201128235951j:plain
▲ こうして見ると、お人形撮影してるみたい。生きてるけど。

f:id:Tappi:20201129000117j:plain
f:id:Tappi:20201129000128j:plain
f:id:Tappi:20201129000212j:plain
f:id:Tappi:20201129000223j:plain
▲ 等身大の子の指と、縮んだ子の指の対比すき。

f:id:Tappi:20201129000323j:plain
▲ ハクさんの物理演算だけ、この辺から重力加速度が4.9になってます。
 髪の毛がちょっと浮き気味で動く。

f:id:Tappi:20201129000336j:plain
f:id:Tappi:20201129000502j:plain
f:id:Tappi:20201129000513j:plain
▲ 縮むにつれて引きのアングルがしづらくなるジレンマ。
 踊ってるのも見せたいし、引きのアングルも見せたいし。

f:id:Tappi:20201129000526j:plain
f:id:Tappi:20201129000629j:plain
▲ よってたかって。

f:id:Tappi:20201129000642j:plain
▲ 実はレンくんの方を見てるんですよ、ここ。

f:id:Tappi:20201129000730j:plain
f:id:Tappi:20201129000741j:plain
f:id:Tappi:20201129000749j:plain
▲ 最初はメロディラインを演奏させようかとも思ったんですが、
 気力が持たなさそうなので見送りました。

f:id:Tappi:20201129001059j:plain
f:id:Tappi:20201129001127j:plain

f:id:Tappi:20201129001138j:plain
f:id:Tappi:20201129001148j:plain
f:id:Tappi:20201129001249j:plain
▲ 実際にティーカップのフチに立ったらすごく怖そう。
 足場は狭いし、片や高所、片や深い水場。

f:id:Tappi:20201129001430j:plain
f:id:Tappi:20201129001440j:plain
▲ 指を曲げてるのはこの方が安定したからです。
 指先を見つめようとするとつい指が動いちゃいませんか…?

PAGE TOP