「小さな探しモノ」「小さなゆかりさんでSPiCa」

小さくなってないゆかりさんと、小さくなるゆかりさん。



小さな探し物


以前、投稿した静画の別バージョンのようなもの。\ワンモアー/
あの時は「相対的にデカい」で、
今回は「絶対的にデカい」になってます。
どっちみちデカい。

ゆかマキのサイズ差と、ゆかIAのサイズ差はちょうど同じ。
肩に乗ったマキマキの小言を軽く流すゆかりさんが、
IAさんに向かって同じ小言を呟く……とか、ありえそうですね。


ポーズ付けや画像出力が一通り終わった時、
実はまだ肩にマキさんは乗ってませんでした。

「放課後に黒板にラクガキ」くらいのノリで、
1/64マキさんを肩に乗せたら良い感じに盛り上がってしまって、
しぶしぶノリノリで画像を出力しなおしてます。


ちなみに、64倍IAさんと1/64マキさんのサイズ差は4096倍。
IAさんの体感ではマキさんが約0.4mmに、
マキさんの体感ではIAさんが約6.55kmに見えるはず。

0.4mmに近いものと言えば、シャーペンの芯の"直径"
6.55kmと言えば富士山(約3.77km)を余裕で超えます。
(ちなみにエベレストは約8.84km)
……こわいわー、多段サイズこわいわー。



小さなゆかりさんでSPiCa

似たような感じのを以前、ニコニコに上げましたが、
少し違う感じでもう一回カメラモーションその他付け直してみました。
歌詞の字幕も付いて、見やすさがアップ!(当社比)

動画ではパッと見、分かりませんが
時計の中央からズレた位置にある歯車の上で踊ってます。
あと私の趣味で、1/4096 → 1/65536にまで縮みます。

当時書いた記事だと「中央以外の歯車は位置合わせが」とか
「これ以上縮めると影とか色々限界が」とか書いていたはずなのに、
不思議なことに、できてますね。なんでだろう。


ありがたい事に、この超精巧な時計モデル、
各歯車の中央に回転用のボーンが入っています。
このおかげで、MMMのボーン位置合わせを使えば
好きな歯車の位置にダミーボーンを合わせる事ができます。
(あとはダミーボーンで時計を回すなり人を回すなりする感じで)

セルフシャドウはその仕様上、
広い範囲に細かな影を落とすには高いマシンパワーが求められます。
逆に言えば「狭く細かく」か「広く荒く」なら負荷は少ないわけです。

そんなわけで、今回はスッパリと割り切って、
「人の影重視」「時計の影重視」と
シーンごとに影周りのパラメーターをいじってみました。

最初はもう時計の影を全部あきらめて、
ゆかりさんの影さえあればいいかとも思ったんですが、
縮小にしろ巨大化にしろ、影がないとイマイチ実感が湧かないので
メモリ不足に怯えながら頑張ってみました。
……やっぱ影があると映えますね。



いやぁしかし、精巧で良い時計だ……。